余命の宣告。

父も子供たちも家族みんな頑張った。

実は24日に父の容体が急変。
私が昼行ったときは熱が高く、呼吸も荒く、すごくきつそうで。
おなかがパンパンに張ってて・・・・。

CT撮ったり、血液検査したり、鼻から胃へ管を通したり・・・。
原因すぐにはわからず。
25日も変わらず。
ただ腸の働きが全くできてないようで、
たまたま見舞いに来た叔母たちが、見た目がすごく悪いように見えて、先生に状態聞いて、
会いたい人がいたら会せるようにと言われたと、その日に親戚中に電話。
おかげで朝早くから親戚のおばさんたちの・・・電話・・・。

26日午前中仕事の配達終わらせ病院にまっすぐ行ってみたら、
全身状態昨日より悪い。
この日も検査してて、その結果を聞いたら、
胆のうがかなり腫れてて、胆汁がたまってると。
このままだと3日から1週間の命だって。
血液検査の数値もすごく悪いみたいで・・・・・・・・。

ただひとつ胆のうドレナージで今の状態が少しでも改善される可能性があると言われ、
あの状態でのリスクはかなりのものだったのですが、
少しでも可能性があるのなら、このまま黙って命が終わるのを待つより、賭けてみようかと。

今入院してる病院はそんなに大きくなく、手術等は今はされていません。
すぐに処置したいけど、受け入れてくれる病院は社会保険病院があるけど、搬送にもリスクが伴うって。
幸いにも今日はその道では右に出るものがいないほどの外科の先生が来てくれているので、
道具等はそろっているからここでもできると言われ・・・。

この病院で処置してもらうことを選びました。

おかげで無事に成功。
部分麻酔でしたので、すぐに父と話もできました。
病室に戻った父の呼吸は随分楽になってました。
もちろんこれで心配がなくなったわけではありません。
危険な状態に変わりはなく、
血液検査の値は楽観できるものでもなく、これから投与される抗生剤が効けばいいのですが・・・。
ただあの苦しみから少しでも楽になってくれれば・・・・との思いです。

昨日の朝、三重にいる次男に父の状態つげたら、
生きてるうちに子供たちを会わせたいから、家族で佐賀に来ると。
そのあと先生からの命の期限言われたのでまたその旨、
間に合わないかもしれないよと電話したら、とにかく佐賀に帰るからと。
もう予定組んだからと。

一瞬父の容体忘れ次男や孫たちに会えると思うと、うれしかった・・・・。
ありがとうね。

長男も週末組合の1泊研修があるけど、断ろうかと思ってるからと。
ありがとうね。

娘も昨日は一日父のことが心配だったみたいで仕事中なのに電話やメール頻繁にくれて。
ありがとうね。

昨日一日、みんなで頑張ったね、ありがとう。

IMG_6396-1.jpg

COMMENT

おはよう~^^

お父さん~いかがですか?
昨日東‥さんとあって少しだけ様子を聞いて心配していました。思い残しのないように頑張ってね…いや あなたは一生懸命頑張ってるよ

そういう思いはお父さんにはちゃんと通じてるから~

jjこんにちは♪

ありがとうね。
良いとは言えない感じだけど、父も頑張ってるので、私たちも頑張らないとと思ってます。
人工呼吸器付けたすぐの時よりは、いいかなあって思うけどね。
そうね、悔いのないように・・・・しようと思います。

ごめんね、レス遅くなっちゃった。

EDIT COMMENT

非公開コメント

記念日カウントダウン♪
ブログ内検索
過去の記事
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
リンク