ペルお星様になる。

6月16日午後4時30分。


4~5回、大きく口を開き息をして、動かなかった手足を伸ばしたように動かし、
それが最後でした。
静かに眠った・・・・・と思います。

私が休みのときでよかった。
最後までペルと一緒にいること出来ました。
ずーっと顔、頭、身体を、触れていました。
顔に触れると、まぶたがぴくっと動き、それが段々と反応しなくなり、
喉が呼吸と一緒に動いていたのが、止まり、口も微妙に動いていたのが、止まりました。

一晩家においておこうかと思いましたが、
この日、佐賀は31度越えてまして、断念。
昔行った事のあるペット霊園へ連れて行きました。

手にお数珠つけてもらい、家から持っていった紫陽花の花を入れ、お菓子、パンと、ペルが好きだったものを入れました。

DSCF9524-1.jpg

DSCF9526-1.jpg


娘も仕事から帰ってきて号泣。

今度お参りに行こうね。

しばらく・・・なににつけ、涙が出るなぁ。

ペル、15年も一緒にありがとう。
ゆっくりとおやすみ。
そして大空を駆け回って。

明日、2時・・・・・・・身体は燃えちゃうけど、お骨を取ってもらうようにしてるから、
また会えるね。

ほんとに。ありがとう。

COMMENT

悲しいお別れでしたね

わかります
我が家でも、同じ経験しています。
ペルはきっと思っているでしょう
hirokoさんの家族の皆さんに
可愛がってくれて、ありがとうって

心の中にはいつも一緒
これからも、hirokoさんのことを、励まし続けてくれるペルちゃんだと思います。

さちさん~~~~~♪

さちさんも悲しいお別れあったんですね・・・・。

今日もふとした拍子にペルの事、思い出され、特に最後の時の事、鮮明によみがえってきてます。

ありがとうね。
うん、きっと見守ってくれてると思います・・・。
心の中に、ちゃんといますものね。

主人の夢にもう出てきてくれたって。
足も不自由じゃなく、走り回ってたって。

さちさんち、今、ワンコちゃん、いたよね~?
いつまでも、ずーっと元気でいていてくれればいいね~。

不条理ですよね

今は、悲しみでいっぱいでしょうね
だけど、自分を責めるのはペルちゃんは喜ばないと思いますよ。だって、ペルちゃんは、hirokoさんの事が大好きだったのに、hirokoさんが苦しんでいるのは悲しいことだと思うんです。
だから、ペルちゃんのいい思い出だけを思っていて欲しいと思います。

私も、これまで、動物が好きで
たくさんの別れを経験してきましたけど
みんなに、どれだけ励まされたり、癒されたりしてきたことか・・・

子供たちにも優しい気持ちを植え付けてもらいました

小さな命にも大きな感謝ですね

命との別れは、いつでも不条理なものだと感じますが・・・

さちさん、ありがとう☆彡

うん、確かにそう・・・、やっとそのことがわかったような気がします。

悲しんでばかりいても、前に進まないものね。
ペルも困っちゃうよね。

いつかは別れがあると頭ではわかっているんだけど・・・・。

ほんとね、さちさんと同じく私も随分と励まされ、癒されました。
子供達にも優しい気持ち、もつことができるように。

感謝いっぱい。

ほんとに、ありがとうね。




EDIT COMMENT

非公開コメント

記念日カウントダウン♪
ブログ内検索
過去の記事
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
リンク